• 公開日:2018年01月13日
  • 最終更新日:2018年02月14日
ビットコインキャンディ

Bitcoin CashがフォークしてBitcoin Candyが誕生!

この記事ではBitcoin Candy (CDY)とはどのような仮想通貨なのか?
特徴や対応取引所、入手方法、ハードフォークについて解説しています。

Bitcoin Candy (CDY)の概要

Bitcoin Candyは2018年01月13日にBitcoin Cashがフォークして誕生した仮想通貨です。
Bitcoinから見ると孫にあたります。

名前 Bitcoin Candy (ビットコインキャンディ)
シンボル CDY
ハードフォークのブロック 512666(Bitcoin Cash)
ハードフォーク日 2018/01/13
PoWアルゴリズム EQUIHASH(GPU)
総発行枚数 210億枚
事前採掘(プレマイン) 1%
ブロック生成間隔 2分
リプレイ保護 はい
ブロックサイズ 8MB
Segwit いいえ
難易度調整 DAA

ロードマップ

2018年01月01日
Bitcoin Candyプロジェクトが設立
2018年01月04日
Bitcoin Candy公式Webサイトがオープン
2018年01月13日
2018年02月08日
メインネットが正式にリリース
2018年07月
反量子攻撃アルゴリズム
2019年
エコロジービルディング

各種関連リンク

Bitcoin Candyの特徴

より速いブロック生成

BitcoinとBitcoin Cashは約10分の感覚でブロックを生成します。
Bitcoin Candyはその5倍の2分でブロックを生成することができます。

発行上限が210億枚

1BCHにつき1CDYになるので、
Bitcoin Cashの千倍である210億枚が発行上限枚数になります。

EQUIHASH(GPU)

アルゴリズムがSHA-256ではなくEQUIHASH(GPU)です。
そのためBitcoin用のマイニングマシンでそのまま採掘することはできません。

より安全で反量子攻撃も対策

量子コンピュータの急速な発展に備えています。
そのためより安全な通貨になります。

Bitcoin Candyの誕生

Bitcoin CashからBitcoin Candyは誕生しました!
2018年01月13日のブロックの高さ512666の時点でハードフォークです。

その後02月08日にBitcoin Candy mainnetが正式にリリースされました。

Bitcoin Candyの受け取り方法

ハードフォークをするタイミングで対応する取引所または、
ウォレットでBitcoin Cashを保持していると手に入れることができます。

1BCHにつき1000CDYになります。

ハードフォーク時にはCoinExが対応するとアナウンスしているので、
CoinExに入れておけば確実ですぐに入手できます。

それ以外の取引所に入れている分に関しては取引所の対応後に受け取ることができます。

2018/02/09にウォレットのBitpieが正式にサポートしました。

取引開始後の金額

BCHとCDYペア開始後は0.000060 BCH 前後の金額でした。

Bitcoin Cnady受け取り後すぐに売っていた場合には、
所持していたBitcoin Cashの6%~7%分くらい増えたことになります。

Bitcoin Candyを購入できる取引所

現在はCoinExでのみBitcoin Candyの取引を行うことができます。

CoinEx

CoinEx

CoinExはViabtcが運営している英国の仮想通貨取引所です。
Bitcoin Candy誕生時から対応しています。

まとめ

  • 名前をデザインもかわいらしい
  • BCHから初めて誕生したコイン
  • 速くて安全

この記事が気に入ったらシェアお願いします!

ページトップ